ようこそ ゲスト さん

作家タイトル

作家タイトル

photo
「新品が一番ではなく、使い込むうちにさらに美しくなる」と話す湯浅さん。アトリエはお祖母さんが住んでいた家を改装した

毎日使うのが楽しくなるような
「変化」をテーマにした食の道具

見た目の美しさはもちろん、使い込むうちに変化する金属の色合いにもこだわって作品を制作している金属作家の湯浅記央さん。たとえば、カトラリーは持ち手の部分に石目と呼ばれる凸凹を施し、手が触れる部分と触れない部分を作ることで色の変化が出やすいように工夫。フライパンは熱間鍛造でついた、火が当たったあとの表情が楽しめます。ステンレスボウルは使っているうちにできた傷が光沢を帯び、買ったときとは別の美しさが出てくる作りに。どの道具も使い込むほどに変化する表情が味わえます。

ログインしてお買い物

メールアドレス:

パスワード  :


パスワードをお忘れになったお客様は下記にメールアドレスを入力のうえ下記の送信ボタンをクリックしてください。
ご登録頂いているメールアドレスへパスワードをお送りします。