ようこそ ゲスト さん

作家タイトル

作家タイトル

photo
若い頃に世界各国をめぐり、さまざまな文化に触れた清水丈雄さん。その後、日本各地をヒッチハイクでまわり、飛騨高山の地に居を構え、木工房大噴火をスタートさせた

使うほどに木の良さを実感できる
美しい木工家具を飛騨高山から発信

「木を削っていると、木材が生きていることを実感する」という木工作家の清水丈雄さん。木と真摯の向き合い、その美しさを極限まで追求したデザインは高く評価されています。近年では炎のような形のライト「ひのきの灯り『Tu b o mi 』」が能楽師・辰巳満次郎氏の能舞台を飾るなど、多方面から注目されています。一方の椅子は飛騨高山産の桐や栗材を使用。着物を着て正座をしたときの体位にヒントを得て、長時間座っていても疲れない構造に。木にやさしく包まれたような気持ちになる木工家具です。

ログインしてお買い物

メールアドレス:

パスワード  :


パスワードをお忘れになったお客様は下記にメールアドレスを入力のうえ下記の送信ボタンをクリックしてください。
ご登録頂いているメールアドレスへパスワードをお送りします。